あおぞらの小部屋

かなりお笑い芸人コンテンツ寄りですが、流行りのものやこの先どうなるのか?的な話をするのが好きです。

リニアが全線開業すると、12兆円の経済効果!じゃあ特急券の料金は?

   

リニアモーターカーといえば、子供の頃は夢のような乗り物であり、また違う側面から見ると、まだ事故も多いイメージで、怖い乗り物なのではないかというイメージも強く持っていました。

とはいえ、新幹線より速い乗り物ですから、やはり憧れはありましたよね。

いつになったら乗れるようになるのだろう?
なんてずっと思っていましたが、2027年に運行開始予定なんですね。
早いような、まだ遠い先のような、、、といった感じです。

2027年の開始当初は、計画では東京から名古屋までで、大阪まではそのあとにのばしていくということですが、ニュース記事では、2027年開始時点から大阪まで伸ばし終わっていた場合の、経済効果の試算が出ています。

12兆円とのことです。
そんなにあるのかーと驚いているのですが、

そもそも、なにでそんなに経済効果が出るのでしょうか?

新幹線なんかは、以前は食堂車があったり社内販売があったりしていましたが、これらは無くなってきましたよね。
ということは、無駄を省き、乗車券及び特急券をいかに効率良く販売することが収益を最大化する方法なのだということになります。

まあ経済効果の試算なので、単純なリニア内での売上を計算しているわけではないのですが、それにしてもそんなに経済効果が出るものなのでしょうか?
JR東海は、すでに新幹線でも満席近い乗車率を誇っていますし、これ以上どばっと利用者数を上げるのは難しそうに見えるのですが。

利用者数(販売数)を増やすか客単価を増やす、ということになりますが、販売数を増やすほど運行出来るのかもまだわかりません。30両編成とかにすれば話しは別ですが、運行数を上げるのは限界ありますよね。

となると、やはりそこは乗車券・特急券の価格が怪しくなってきます。

ただ、現時点では、東京・品川と名古屋間で、のぞみの料金+700円程度になるのではないか?という予想が出ています。

【リニア中央新幹線】40キロを10分弱 料金は「のぞみ」+700円程度(1/2ページ) – 産経ニュース
のぞみの現行の料金体系では、品川-名古屋間は指定席で約1万1千円。JR東海の試算では、リニアは700円の上乗せにとどめる。全線開通となる品川-大阪駅間でも、のぞみの料金(指定)に千円程度上乗せした約1万5千円にしたいとしている。

東京・品川から名古屋間で、新幹線より約1時間も短縮されるのに、700円程度の上乗せって、これ、ものすごいことじゃないですか?

 - 社会

aozora-room 336×280

aozora-room 336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした